京都とアート

旅と写真がテーマのブランド『INSPIRE』の営業担当の林です。今日は京都で出会った素敵なお店についてシェアしたいと思います。

閑散期という概念が通じない激混みの京都では新しいお店が続々とオープンしています。少々オシャレなだけでは埋もれてしまう古都・京都で、デザイン性に惹かれて入ってしまったお店がありました。それはタピオカ店ではなくドーナツ屋だったりします。

錦市場近くの商店街で見かけた『koe donuts kyoto

外から見える内装に”やられたぁ”という印象です。演出というよりアートに近い内装でした。このお店を素通り出来る自信は まずありません。お値段は少々高めでしたが、店員さんオススメのプレーンと幾つかを購入し食べてみると、いたって普通だったのです。ここで、あれっ!これはオカシイぞ。となる訳です。

ネットにより全ての質が向上している現代で、美味しいラーメン屋やドーナツ屋が出来ない訳が無く、最高のレシピも無料で検索できます。この店舗デザインと立地で、珍しくも何ともないドーナツの ”味がそこそこ” なんてことは絶対にないと思い興味を持ってしまいました。

お店も理念が大事になってくる

調べると、そこには「オーガニック」「天然由来」「地産地消」のキーワードで食材を選び、持続可能な今までにないドーナツを提供する筋の通った理念がありました。これを知った時、ハートを掴まれてファンになっちゃうんですよね。これで甘くて美味しかったら、嘘になりますからね。

それに設計は隈研吾さんでした。お店を素通りできない訳です。隈研吾さんは、東京オリンピックの新国立競技場や中目黒の新しいタイプのスタバなどを手掛けられている大御所中の大御所です。身近では現在建設中の岐阜県庁のアドバイザーもされています。

ここまでくると売れない理由が見当たりません。『おいしい』や『かっこいい』とは違う部分での共感の輪が広がりそうで楽しみです。また伺いたいと思います。

京都で見つけたアートの余韻

京都でスタバと言ったら二寧坂の古民家を改装した店舗が有名ですが、小さな民家に人が多過ぎて二度と行く気になれません。その点、河原町の『京都BAL』に入っている店舗は、日本の若手アーティストたちのアート作品に囲まれてカフェが楽しめる大人の居場所としては最適なお店です。これを京都で味わえるところがたまりません。

ある意味でカフェ界のマーケットリーダーであるスタバは、ドーンと構えて規模のメリットを活かす戦略が定石だと思います。それが店舗的にはチャレンジしてニッチをガンガン攻めているので、ユーザーとしてとっても応援したくなります。常にユーザーを楽しませようとする姿勢や理念はいつも参考になるなぁと思います。

こう見ていくと、歴史ある街とアート的なアプローチは結構相性がいいのでしょうね。何よりもこの組み合わせは余韻が深まります。今後も素敵なお店との出会いに期待したいと思います。さて、最近めっきり寒くなってまいりました。風邪と乾燥にはお気をつけください。

寒くなってきましたね!

INSPIRE MD担当の舘野です。久しぶりの投稿です。

ようやく寒さが身に染みる季節を迎えましたが、風邪などひいてないでしょうか?

今回は、寒い時期にピッタリなダウンコートを紹介します。

衿ファー&フード取外し、袖内側にジャージ付き、撥水など

寒さ対策、便利機能が満載で、丈が長めなのにとにかく軽い着心地です。

是非店頭で、羽織ってみてください。

オシャレと健康の関係(少しだけAirPods Proの話)

旅と写真がテーマのブランド『INSPIRE』の営業担当の林です。本日はオシャレと健康に関係性はあるのか?という題材でコメントをしたいと思います。

ファッションを扱っている身としては気になるテーマですが、実際どうなんでしょうね。心と身体は密接な関係があるので、オシャレは心の健康にどう働くのかをちょい掘りしたいと思います。

自分に当てはめると楽しみにしていたレストランに行く時はオシャレにも気を遣いますが、 家でダラダラしている日はそうでもありません。引きこもっているとオシャレに関心が向きにくく活動量や交流も減ってくる。なんと、これこそ老化現象ではないか!となります。

オシャレは健康のバロメーター

この場合のオシャレとはセンスや流行よりも『身なりに対する気遣い』となります。シンプルに考えれば、身なりに気遣える余裕のある方は心も健康と言えるのではないでしょうか。

オシャレや流行に関心の高い方は、関心の低い方より積極的に他者との交流や社会活動に参加していて長寿にも関連がある事が分かったそうです。(リンク張っておきました)イタリアの老紳士がオシャレなのはきっと意味があるのですね。洋服が人々の健康に役立っているなら嬉しい限りです。

関連資料 健康長寿ネット

最近話題の『AirPods Pro』というアップル製のイヤホンを久々の自分へのご褒美として購入しました。これが実に性能が良い!スマホは機能面での差別化が難しい中、アクセサリーで他社と差を付けるという何とも頭の良い話です。ファンを楽しませるという意味では、業種問わず参考になるなぁと思いました。

不思議なのはイヤホンを新調しただけで外出時に少しウキウキ感が増している事なんです。洋服に限らず新しいアイテムやサービスを購入したいと思えなくなった時は心の健康に注意しようと個人として思った次第です。

エコへの意識 (環境保護というサービス)

営業担当の林です。車のメンテナンスのためトヨタのディーラーに伺った時の出来事を共有できればと思いコメントします。

ディーラーで提供されたストローが、なんと!紙製だったのです。まさかここで出会うとは思っていなかったので、ちょっぴり得した気分で思わずシャッターをきりました。

紙製ストローのアイスコーヒー

良く考えれば、カフェなどで提供されるアイスコーヒーには、半永久的に地球に居すわるゴミを出します。

スーパーの生鮮食品でも『海のエコラベル』の商品が増えていて、サステナブルやSDGsのような取り組み自体が新しいサービスとなっていくなら『良いサービス』が過剰サービスだった時代は終わっていくのでしょうね。

⇩入荷したばかりのトレーナーです。とても感じが良いです!

裏ベロア・ボーダートレーナー
画像クリックでオンラインストアにリンクします

ダウン商品色々

MD担当の舘野です。店舗巡回で、INSPIREイオン川口前川店に訪店。
売場は、テイスト別にきれいで見やすく、買いやすい売場に なっていました。

今期は、多種多様のダウン商品を作っており、それを反映した陳列に なっていた事がうれしく、思わず笑顔になってしまいました。
売場も前面に移動して明るくなり、期待が出来る店舗です。是非お近くの 方は、お立ち寄りください。

誰から買うかという事

サンデービルヂングマーケット

営業担当の林です。
岐阜の柳ケ瀬商店街で毎月行われるマーケットにやって来ました。

150ほどある店舗の中から個人的にリピートしている愛知県知多の焼き菓子店『人々』さんと、三重県の『o-coffee』さんをご紹介します。

この両店は仕事が細部までとても丁寧で接客も感じが良いです。

『人々』さんには50人ほど並んでいましたが、納得です。

『o-coffee』さんのアイス・ドリップコーヒーは600円なんです。
クオリティが違うので比較するのは失礼ですが、価格はコンビニの4倍でスタバより高い。でも、いつも購入しています。

何で買ってしまうのか、いつも不思議なので深堀りしてみました。

オーナーはタイでオーガニック栽培を自ら行い冬でも日焼け顔でチャレンジングな人生を楽しんでいる方です。そんなオーナーへのリスペクトと応援的な部分が購入に含まれているのだと思います。これはAKB48のCDを買う方の心理と何ら変わりません。

集客は商品の見え方で決まる事が多いのですが、リピートは誰から買うかという人ベースなのでしょうね。

o-coffeeさん 人々さん

柳橋

MD担当の舘野です。東京本部近くのシンボル柳橋です。曲線が美しいアーチ橋で、神田川が隅田川にそそぐところにかかっています。
屋形船の船宿も情緒あふれ、橋との景色が最高です。

何でも光る

営業担当の林です。半袖の旅行客で賑わう渋谷西武のエントランス。
相変わらずLEDがまぶしい!
人も虫もサバンナ効果で光に集まってくるのか。

新宿のアンダーアーマーしかり、最近のショップは激しく輝いています。

オープンを控えた渋谷スクランブルスクエアも素敵に光りそうですし、ビルもショップも光がトレンドなのでしょうか。

レトロに光るアウターを作ったら意外と人気が出るかも知れませんね。

お彼岸

MD担当の舘野です。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今秋は残暑が少し続いていますね。お彼岸で谷中(東京都台東区)の菩提寺にお参りに行きました。秋晴れのカラッと爽やかな天候で気持ちが良かったです。

菩提寺の一角に現存する築地塀は、幕末の頃に作られた国の登録有形文化財で谷中のシンボルの一つとして親しまれてます。
谷中は、今でも昔の街並みが多く残り、下町情緒が色濃く残っています。
谷中、根津、千駄木を通称、や(谷)ね(根)せん(千)と呼び、観光客も多く賑やかな一面もあります。是非一度、ぶらり散歩がてらに行ってみては如何でしょうか?

休日にて

MD担当の舘野です。休みで陶芸家の川口武亮さんの陶展に行ってきました。今回は、祐天寺の Pond Galleryで行われ川口さんに作品の話などを伺い、ゆったりとした時間を過ごして 湯呑茶碗と器をを購入しました。作品はやさしさを感じ、ほっこりした気持ちになります。

 

 

 

 

上記は、作品ではありません。陶展のディスプレイです。

帰りに目黒通り沿いの「目黒五十番」で肉まんを買い家で美味しくいただきました。ごちそうさまでーす。