地方にはチャンスがある ー全国を回って見えた地方の強みとはー

先日「なわ跳び」を購入しました。運動不足解消とふくらはぎの鍛錬も込めて!
楽勝かと思いきや意外と難しくて、毎日密かに跳んでいます。

おはようございます。『INSPIRE』の営業担当の林です。

少し前にこんなニュースがありました。

インドではロックダウン(都市封鎖)で大気汚染が大幅に改善。遠く離れたヒマラヤ山脈が数十年ぶりに見晴らせるようになって市民を感嘆させているという。

山々を見て大気汚染の実態を知ったインドの人々は何を感じたのだろうかと、あれこれ想像してしまいます。

終わりが見えない困難の中では、普段見いだせなかった価値に気が付く最大のチャンス。

これからの日本の姿を考察すると地方創生が頭をよぎります。

地方にはチャンスが溢れている ー出張で全国を回って見えた地方の強みとはー
岐阜:垂井町

コロナ禍で問い直す地方の価値

大都市と地方を比較する時、高い生活コストの割に占有する空間の狭さが欠点だった都市部。

今までは、その欠点を十分補えるほどのエンターテイメント(娯楽)や出会い、教育や職場環境という多彩なメリットがあって、「都会ってイイよね!」となっていました。

今、場所に縛られないテクノロジーの利用が加速して、大都市のメリットが揺らいでいます。

場所に縛られないなら、広くてコストが低い方がお得なので、2拠点生活や地方移住の流れは当然のように起きてきます。

何より、これから大都市には「過密」という事情が加わります。

一般層なら、東京にいるのは損かも?と感じる人が増えるかも知れませんね。

新型コロナという外圧によって、グローバルからローカルへの流れの中、地方の価値が見直される局面かも!という事をシェアしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です