変わる事と変わらない事

鵜飼が無観客で開催されていると聞いたので見に行ってみました。闇夜の清流に1300年以上続いているのかと思うと、そろそろ鮎も鵜から逃げる術を見つけるかも知れませんね。

おはようございます。『インスパイア メンズ』の林です。

最近は右も左も新型コロナ一色という状況から変化している感が出てきました。

今回のコロナでは、誰もが損や得をしたり、事情が変わったりと様々だと思います。

「どんな状況でも学んで行動した者」に次が与えられるのでしょうね。

闇夜の無観客鵜飼
闇夜の無観客鵜飼

先日、クレジットカード会社から出された「コロナ影響下の消費行動レポート」なるものを見ると、コロナ前と比較して年代別に購入がどう変化したのかという事が書かれていました。

その中でも年齢が高い層の変化に着目すると、「あぁ、なるほど」と思ったわけです。一つのポイントは、「ECモール・通販」のシェアの増加です。

高齢層でみられたデジタルシフト

2020年3月は、普段ネットを利用する20、30代よりも、高齢層の方が積極的にデジタルを活用しています。高齢層は、今まで選択肢になかった「ECモール・通販」で買い物を行うという消費行動の変化が見られるとあります。

ここで考えなきゃいけないのは、本当に全ての「ECモール・通販」が良かったのかと言えば、そうではなさそうだという事です。

恐らく明暗を分けたのは「ファン」がいるかどうかです。

アパレルに限らず「ファン」とは、そこで働く人や企業理念、ブランドイメージを支持して商品を購入してくれる方を指します。

「ファン」であるブランドや企業の商品を購入するためにオンライン利用はするけど、何でもいいからという感じではないという事です。

成城石井が好きな方は、まず成城石井のオンラインサイトにアクセスします。

という事は、コロナ前から既に勝負がついていた

こう理解すると、

普段から「ファン」に対して真摯に向き合う事の大切さを学べます。

先日、INSPIREマスクを自作されたお客様を取り上げさせてもらいましたが、そういうお客様のいる店舗には「ファン」が多い。それは人(販売員)のファンが多いのです。

マスクの進化が止まらない! 

そういう「ファン」や「販売員」に支持されるブランドであり続けるには、鵜飼の様に変わらない地道な部分と大きく変わっていく部分を持ち合わせていないとなぁと思うのでした。

それでは、コロナに負けず今日も良い一日を!

こちらのリンク下部よりコメントできます。

アパレルの供給過剰という問題(前編)

6月に入り、ずいぶん多くの店舗がオープンしている感が出ました。

テイクアウトでもいいので、よく通っていた飲食店に足を運んで1点でも多く注文しようと思う週明け。

おはようございます。『インスパイア メンズ』の林です。

今回はアパレルの在庫問題。

「例年より在庫があるけど、ウチの店は大丈夫かな?」
「アパレル不況って言われてるから、これから値下げが多くなるのでは?」

こういった疑問に向き合ってみます。ちょっと長くなるので2回に分けてみました。

モノの価格は需要と供給で成り立っている

世の中にある大半の商品は需要と供給(需給)で成り立っています。
例えばマスク、バカ高く売れたのもつかの間、供給が行き渡った途端に価格が落ちます。

これは、どんな商品でもだいたい同じです。

需給と強い相関関係にあるのが在庫。
マスクも在庫を調整できたなら、価格は維持されたかも知れません。

新車を買う場合、納車まで数ヶ月は待ちますよね。ラーメン屋でも商品が出てくるまで数分は待ちます。

当然これは、注文を受けてから商品を作るからです。

お客さんの入る前から予測でラーメンを作り出すクレイジーなラーメン屋は存在しないし、夕方6時すぎから「ラーメン3割引き!」なんて事にもならない。

これは、在庫と関係があるからです。

クルマの販売店や飲食店の多くは完成品の在庫を持っていません。だから、価格の維持が可能なんです。

対照的に多くのアパレル店は完成品の在庫のみ扱っています

しかも、衣料品が生産開始から店頭に並ぶまでの時間は、人気車種の納車とだいたい同じです。

最近は進化しているものの、早くても2週間くらいと中古車の納車イメージとなります。

言ってしまえば、とても手間がかかっているんです。

供給過剰という問題が、問題として意識され始めた

年々悪化する衣料品の「供給過剰問題」。統計データが正しいなら、生産した製品の約半分が売れ残っている都市伝説のような状況になっています。

日本で販売される衣料品の約半分が売れ残っている

すでに供給 ”超” 過剰なんですね。

これがセールを生み、モールで耳にする「70%オフで―す!」と言うかけ声を生んでいます。

コロナ禍によって、この問題が強くフォーカスされ始めていて、

近い将来、在庫問題が無くなる方向に進む気配を感じます。

では、なぜ在庫問題が無くなるのかを(後編)で考察してみます。

 

それでは、コロナに負けず今日も良い一日を!

こちらのリンク下部よりコメントできます。

マスクの進化が止まらない!

英語だと「Mask」は仮面を意味します。日本でいう風邪予防のマスクは「surgical mask」 (サージカルマスク)と言って医療用マスクという意味合いになるそうです。

言葉一つ取っても日本では身近な存在のマスク。
身近だからこそ、ウイルスに対抗できているのかも知れませんね。

おはようございます。『INSPIRE メンズ』の林です。

気温や湿度が高くなるとマスクによる熱中症が増えるらしく「屋外では状況に応じてマスクをはずして!」と政府のアナウンスも右往左往して、夏でもウイルスとの共存を試されそうです。

今回はマスクの進化をシェアしたいと思います。

マスクの進化が止まらない!

企業では「ユニクロ」や「ヨネックス」が冷感素材のマスクを発表し、水着素材のマスクの予約を開始した「ミズノ」は、アクセス集中により予約サイトが現在閉鎖される事態となっています。

いよいよマスクも多様化しそうです。

マスクをファッションとして楽しんでみる

お客様の中には、ノベルティを使ってINSPIREマスクを独自に作ってくれている方もいます。こうなってくると、もはやファッションアイテムですね。

オドロいたのはその完成度の高さ!
ステキな出来栄えで、このまま販売できそうです。
コレ欲しいかも!!
【今回許可を頂いて掲載させて頂きました(感謝!)】

INSPIREマスク
ステキなINSPIREマスク

これから機能やデザインがどんどん多様化していきそうなマスク。

使い捨ても楽でいいのですが、独自のアイデアでマスクを作ってみるのも楽しそうです。

 

岐阜駅前で睨みをきかす信長像。

信長でも予防は怠っていないようです。

JR岐阜駅前の信長像とマスク

それでは、コロナに負けず今日も良い一日を!

こちらのリンク下部よりコメントできます。

「父の日」とポロシャツ

長~い「社内ひきこもり」を謳歌して、久々に売場に行くと日頃の運動不足が如実にこたえます。

おはようございます。『INSPIRE メンズ』の林です。

今年は花火大会や夏祭りが中止になった関係で、浴衣や水着、父の日に至るまで大きな催事を組まない店舗が多いようです。

こういう時だからこそ感謝を表現できる「父の日」を大事にしたいもの。

ちょうど売場が移動するので、今週入荷したばかりの商品で「父の日」の演出をドーンとしてみました。(販売スタッフと本部スタッフの演出、女性は陳列が上手です!)

父の日ポロシャツ
父の日ポロシャツ INSPIRE

ポロシャツってそのままハンガーにかけただけでも爽やかに見えます。

今まで自粛が続いた分、服くらいは明るい方が良いかも知れません。

父の日ポロシャツ
父の日ポロシャツ INSPIRE

 

【告知】
半袖ポロシャツはオンラインショップでも販売がスタートしたので、
一度チェックしてみて下さい。

→ オンラインショップ

今日は朝からしっかり運動が出来て良かったです(笑)

それでは、コロナに負けず今日も良い一日を!

こちらのリンク下部よりコメントできます。

試着室では競争原理が働かない

髪を切りに行った時、トレンドのヘアカラーについて若いスタイリストと話していると、ナチュラルカラーの対になる明るいカラーを「きめつカラー」と表現するのだと知りました。

ついにファッションにまで浸食した「鬼滅の刃」恐るべし!

おはようございます。『INSPIRE メンズ』の林です。

今回は競争原理について、シェアしたいと思います。

圧倒的に優位な業界って競争原理が働いていない事が多くあります。
テレビ局だったり電話などの通信業界は新規参入が難しいので、競争原理がなかなか働きません。

アパレル業界はメチャメチャ競争原理が働いていて、かなりのレッドオーシャン(血の海)なので、強力なブランディングなくしては常に競争の渦中にあります。

そんなアパレルで、個人的にもったいないなぁと思うコトは試着室での対応です。

試着室では商品を「買うか」「買わないか」の2択になる

試着室を利用する時って、商品を買おうかどうか迷っている時がほとんどです。この時、買い手の選択肢は目の前の商品を「買うか」「買わないか」の2択になります。

ここに競争原理は働いていません。

繰り返しますが、試着室では選んだ商品を「買うか」「買わないか」の2択なんです。

なのに、試着していて放置される事も意外と多いんですよね。
戦略的放置かも知れませんが、そこは戦略外れているでしょ。と感じます。

試着室でなかなか対応されないと、せっかく競争原理が働いていないのに、別の商品やショップの事を考える暇が出来てしまいます。

これって、すごくもったいない。

べったり隣に立っていて欲しいワケではなく、(これは逆効果!)ちょっとの気遣いが欲しいのです。

試着室はシャツの試着でも靴を脱いだり何だりで、ただでさえ面倒ですから、人によっては試着室に入る行為そのものが購入の意思表示だったりします。

試着が終わって、「一言欲しい時」ってあるんです。この時、販売員がせっせと商品出しをしていたり、遠くにいて呼ばなくてはいけない状況だと、まぁいいかとなります。

これって、購入の意思決定をしているのに先に進まない感覚に似ていて、例えば予約したレストランへ時間通りに行ったら待たされる感覚に似ています。

当然「えっ!待つの?」となりますよね。この時欲しいのは「〇〇様お待ちしておりました。こちらへどうぞ!」なんです。

人は決定した購入が先に進まないと、とてもストレスになるんです。

コロナ禍によって人が待てる時間は更に短くなる

ある調査では、人がイライラしないで待でる時間は年々短くなっている事が実証されています。でもコレ分かりますよね。

出勤やランチ時のコンビニで、長くレジ待ちをしていると「この商品ってホントに必要か?」となってきます。まぁ個人差はありますが・・。

コロナ禍が直撃している現在は何事も穏やかですが、通常が戻ると待てる時間は更に短くなると考えておくべきでしょう。

都市に住むなら通勤時間が短い駅近や職場近くの住まいがこれまで以上に望まれるし、長いレジ待ちをするコンビニにはそもそも入らなくなります。

より時間に厳しくなる方向に向かう

試着室の例でいえば密な接客を気にして放置するより、購入者の時間を優先するべきです。
販売員には購入者が短時間でお買い物ができるようなアシストや気遣いが欲しい。

バーっと買って、パッと帰りたいという需要を満たす接客です。

まだ試着室が使えないショップもありますが、試着室が使えるようになったら間違っても戦略的放置は避けて欲しいと個人的に思うのでした。

それでは、コロナに負けず今日も良い一日を!